環境活動登録団体( 2 )

現在登録されている環境活動登録団体

団体名naCia ナシア:ナチュラル サーキュレーション アグリカルチャー研究会/Botanical Power Lab.
活動内容・実績

〈医食同源の考え方〉
食べたものが全て私達の身体になります。
たくさんの微生物や生き物たちが、活躍しやすい環境を整えながら、土づくりを進めて、野菜や果物、穀物等のすこやかさと美味しさを目指しています。
そして、なによりも身体と心の健康にとっての安全、安心で生命力にあふれた作物の育成。
噛締めると「心から美味しいと感じる、まっとうな日本在来のお味」を大切に考えています。
・勉強会     ・セミナー  ・マルシェ
・シンポジウム  ・農泊    ・農作業体験
・映像等の上映会

詳細はこちら

団体名京橋スマートコミュニティ協議会
活動内容・実績

・経産省公募事業「事業継続等の新たなマネジメントシステム規格とその活用等による事業競争力強化モデル事業」に採択され、ISO22301(事業継続マネジメントシステム)及びISO50001(エネルギーマネジメントシステム)の認証を取得した。
・「京橋スマートコミュニティ」の将来像に関するブレインストーミング実施
・環境省委託業務「大規模CO2削減ポテンシャル調査・対策提案委託業務」に採択され、協議会会員施設等のCO2削減ポテンシャル調査を実施
・電力会社と「京橋エリアエネルギーマネジメントDR契約」を締結し、協調してエリアデマンドレスポンスを実施中。
【平成30年9月時点】

詳細はこちら

団体名特定非営利活動法人 リサイクルソリューション
活動内容・実績

平成11(1999)年に設立したNPOで、リサイクル社会の構築をめざし、広く一般の利益の増進に寄与することを目的としている。当面は専門分野を中心の活動です。主として港湾海岸建設における浚渫土砂や港湾構造物さらには港湾空間のリサイクル・リユース技術等の調査、研究、啓蒙、普及活動を進めています。

<全般技術>
〇海洋環境保全技術
〇港湾海岸建設維持修繕技術
〇港湾のリサイクル・リユース技術

<個別技術>
〇浚渫土砂減量化や海洋構造物生物共生技術の普及
〇施設の維持修繕長寿命化技術者の育成
〇優良浚渫土砂処理(保管・輸送・処理)技術の表彰
〇港湾空間の持続的活用

詳細はこちら

団体名森と狼の研究所
活動内容・実績

物語や慣用句で必ずといっていいほど「悪者」扱いされるオオカミ。でも実は、生態系に欠かせない大切な存在であることが、科学研究によって明らかになってきました。日本では絶滅しているので、オオカミ=「滅びの動物」というイメージで語られがちですが、西欧諸国ではむしろ「復活する自然」の象徴として人間社会との共存が図られ、国が率先してオオカミ保護の取り組みを進めています。
わたしたちは、オオカミをとりまく世界の現実を広く知ってもらうために活動しています。

*オオカミの科学的な姿を伝え、健全な生態系のめぐみ=「生物多様性」に支えられた社会の在り方、未来を考えるための勉強会・講演会・セミナー・展示会の開催
*オオカミをテーマにしたイベントの企画提案と科学的な助言
*ホームページ運営・メールマガジンの配信・ブログやFacebookを用いたオオカミ情報の発信
*海外のオオカミ関連の本や公式文書の翻訳・出版
*世界のオオカミ保護団体、オオカミ研究者、自然保護活動家との交流・情報交換・シンポジウム参加
*日本の自然関連団体との交流・意見交換・活動協力

詳細はこちら

団体名認定NPO法人全国木材資源リサイクル協会連合会
活動内容・実績

・木材資源等の再利用に関する出版物、ホームページ等による普及啓発事業
・木材資源等の再利用に関する環境保全のための、イベント、セミナー、シンポジウム、講演等の開催事業
・木材資源等の再利用に関する技術及び法案整備のための調査、研究事業
・木材資源等の再利用を通じた環境保全に関する情報提供事業
・木材資源等の再利用に関する活動を行う団体に関する助言、指導又は援助に関する事業

詳細はこちら

団体名特定非営利活動法人 森の学校
活動内容・実績

・1993年より中央区に事務局をおいて活動している自然学校です。
・里山の木造校舎(廃校)とそのまわりの自然の中で、思いっきり遊び学ぶ
 体験の中から、生きる知恵と力を育む環境教育を実践しています。
・事務局がある都市では、“都市の中でも、子どもたちには自然とふれあい
 のびのび育ってほしい”と、毎月活動しています。
幼児対象「ふくるる森のようちえん」
小中学生対象「ハックルベリーくらぶ」
親子対象「ハックルベリーファミリー」

詳細はこちら

団体名グリーン・メッセージ
活動内容・実績

 本会は環境社会に取り組み、推進するそれぞれの分野が交流し地域における課題に取り組むプラットフォームづくりを目指します。
 この取り組みは、ESD「継続可能な開発のための教育」・SDGs「持続可能な開発目標」(注1)として豊かな社会づくりにとって、大変重要なテーマであり、この活動によって、次世代を担う市民に「潤いのある生活空間」を伝えていくことを目的としています。
 持続可能な社会のベースは、持続可能な地域であり、地域ぐるみでESDに取り組むために企業、大学、NPO、教育機関・自治体、多様な主体が参加するプラットフォームの構築を(多様な市民が参加する仕組みを充実させ)、各地で本格化することを期待しています。

注1 ESD=Education for Sustainable Development の略
SDGs=持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)

詳細はこちら

団体名プラスチックみらい研究会
活動内容・実績

(1) プラスチック素材に対する啓蒙活動と環境配慮の活動の推進
(2) プラスチック業界の幅広い交流(異業種交流)
(3) プラスチック業界の次世代への技術・知識継承
(4) プラスチックの保全・規格などの支援・アドバイス
(5) プラスチック加工・素材などの
(6) プラスチック加工・素材などの先端技術の勉強会上記の
目的に合わせた勉強会やセミナー・講演会の
企画し実施します。
(7) SNSを利用したプラスチック関係のニュースや知識の発信

詳細はこちら

団体名TREIN 一般社団法人 東京エネルギー情報ネットワークス
活動内容・実績

【環境活動事業を支援】
企業・学校・地方自治体等の環境活動を支援します。また、CO2削減支援(目標設定、具体化計画、中長期計画)、省エネ診断・省エネ改修計画も支援します。
♦企業CO2削減計画支援 ♦学校の環境教育支援
♦中小企業の経営支援 ♦出張環境セミナー
♦SDGs対策セミナー

【最新情報の収集とマッチング事業】
会員による情報交換会を毎月1回開催します。会員同士のビジネスマッチングによる共同事業推進や情報交換による新規事業を創出します。特別セミナー、視察会、見学会も開催します。
♦国、自治体情報収集 ♦補助事業情報収集
♦会員の事業紹介 ♦ビジネスマッチング

【地球温暖化防止活動事業の受託】
地球温暖化防止活動として、環境・エネルギー分野における国の委託事業を受託します。また、補助金事業の更新業務を支援します。
♦省エネ診断・調査 ♦排出量取引支援 ♦東京都クレジット仲介

【地域循環活動・SDGs支援】
J-クレジット購入による地方自治体を支援します。自治体の森、企業の森など、森林整備活動の支援やゴルフ場再生支援・ZEB化やJ-クレジット創出を支援します。
♦被災地支援 ♦森林整備活動支援 ♦J-クレジット購入支援

詳細はこちら