一般社団法人 街路樹を守る会

団体名一般社団法人 街路樹を守る会
代表者愛 みち子
活動内容・実績あらゆる都市の樹木(街路樹・公園木・公開緑地・街道並木など)を健全に保存することが目的です。

日本では未だに樹木の価値がきちんと認知されず、管理者たちが「緑の充実」を謳いながら、様々な理由(無電柱化、自転車道、道路整備、台風対策、落ち葉、野鳥や虫、管理費不足など)で樹木を伐採しています。

そこで、各地域の方と協力して、自治体や国や企業に対し、樹木の保存や、健全な維持管理を求めています。これまで東京都、中央区、千代田区、文京区、江戸川区、練馬区、江東区、墨田区、国交省などの管理者や、ビル所有者、不動産会社、建設会社、鉄道会社などの関係機関に対し、樹木の重要性や現状を説明し、多くの方の要望を伝え、樹木保存を進めています。

同時に、樹木の現状調査、重要性や可能性の研究学習を行い、それらを広く知らせるため、新聞や雑誌に連載記事や投稿記事を書いています。多くの報道もなされました。

今後は、勉強会やシンポジウムなども行います。ネットワークの構築や、樹木に関するルール作りも進めていく予定です
事務局chiyoda.trees@gmail.com
URLhttps://chiyodatrees.wixsite.com/trees
PR前身である「千代田の街路樹を守る会」は2016年都心の街路樹を守るためにつくりました。2020五輪に向けた工事で沢山の街路樹が伐られましたが、その後も様々な理由で大木が伐られています。私達が都会の木守(きもり)が必要だと思う由縁です。

2020年に一般社団法人となりました。
コロナ禍と熱帯化にあって、樹木や自然環境の重要性は高まっています。
現在は小さな団体ですが、今後会員や協力者を増やしていき、市民が主体的に木々を守り、中央区はじめ、都市の環境に資するよう活動いたします。