LINEで送る

環境情報センターについて施設案内・研修室予約講座・イベントよくある質問アクセス問合せ先

環境活動登録団体


団体名 成熟都市とオオカミ・研究会
代表者 鈴木 敞治
活動内容・実績  オオカミを都会に放せと言うわけではない。
 現在各地の農村、里山でシカ、イノシシ等による獣害が増加し問題となっている。農林産物の被害額や獣は増加の一方、捕獲管理の担い手であるハンターは減少傾向にある。野生動物の被害額は農山村地域での目に見える被害だけではなく、林床植生が破壊されると河川の汚濁を招き、土砂災害を引き起こす原因ともなっている。都市においては自然環境や生態系と隔離されているように思えるが空気や水の供給源である森林が今や破壊されつつあり、災害の元ともなって看過できない状況になっている。
 生態系では、水生、陸生を問わず必ず頂点捕食者がおり野生環境のバランスをとっている。今の山野にはそれが欠けているので平面的でなく立体(鳥瞰)的、総合的に考える必要がある。かつて日本の山野にはオオカミ
が生息しており、より良い生態系にするためにはそこに頂点捕食者を置くことが必要と考え、実現できる可能性を追求する。
事務局
URL
PR 活動内容の通り、都市から離れている農山村地域での獣害は巡り巡って都市生活者にも及んできます。大きく報道されない各地での獣害やそれを防ぐにはどのような事ができるのか、人間が管理する生態系ではなく自然管理ができる生態系を目指して活動していきます。
1.都市・郊外・農山村において住みよい環境(生態系)を考える。
2.関連団体に働きかけ都市における生態系の大切さを訴える。
3.荒れた自然を更正させようとするこの活動の賛同者を募ります。
トップへ