LINEで送る

環境情報センターについて施設案内・研修室予約講座・イベントよくある質問アクセス問合せ先

環境活動登録団体からのお知らせ

講座・教室

【循環研セミナー】築地・豊洲の地質汚染の完全浄化に向けて

主催:NPO法人循環型社会研究会

更新日:2018.1.19


内容 ■概要:築地市場の豊洲移転をめぐって、地質汚染の問題がクローズアップされました。小池百合子知事の豊洲の地質汚染に関する追及は、東京五輪・パラリンピックの準備や都議選、衆院選とも絡んで注目を浴び、築地の汚染も発覚しましたが、結局のところ汚染浄化の目途は立っていません。東京の台所も食のテーマパークも相変わらず汚染された土地の上で営業されることになりかねません。いい加減な汚染調査と浄化工事を行った検査機関やゼネコンにさらに血税がつぎ込まれていく状況です。
今回講師を務めていただく楡井先生は、地質汚染科学に基づく単元調査法よる正しい汚染診断で、これまでの各病状に応じた治療・対策によって適切な浄化が可能であり、完全浄化の事例がすでに豊洲新市場近くのマンション敷地にあると指摘されています。また、豊洲の浄化失敗の原因は現行の土壌汚染対策法の欠陥にあるとも指摘されています。
汚染土壌を覆い隠すだけでは、汚染は浄化されず汚染の拡散や集中も懸念されます。都心の地下水位が上昇する中、地下水の有効利用もままなりません。豊洲新市場や築地再開発の成功のためにも、また地質汚染科学に基づく土壌汚染対策法の改正のためにも築地・豊洲の地質汚染問題の再考が必要です。
■日時:2月22日(木)18:30~20:00
■会場:環境情報センター研修室2
■参加費:無料
問合せ 循環研事務局 ℡03-6262-5946
PDF
詳細 https://junkanken.com/4095-2/
※PDFファイルを開く場合は「Adobe Reader」が必要です。
トップへ